実際にパソコンの画面の前に座りリアルタイムで動いているレートを見ていると、理由無くトレードをしなければならないという衝動に影響される状況も少なくないと思います。だが、不明瞭な感覚で取引することだけは避ける必要があります。事実、相場は昼夜を問わず常にいずれかの国の市場が変化しているし市場もいかなる時でも、変動しています。そうであっても、闇雲にエントリーを積み重ねるとその回数だけ損失を被るリスクが増します。無論、エントリーの数を経験することによって、次第に勝ち負けの確率が半々になります。けれどもその事実は「はっきりしない思いつきで注文」とは別問題です。売り買いの回数を重ねるというのは、自分で「ここがチャンス」と直感した機会を得た状態での売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。何となく、絶え間なく売り買いを経験するのとははっきりと異なります。外国為替市場の駆け引きに臨むには己でよく考えてけじめをつけることこそが大事です。「ここは勝てる」と考えた外国為替相場の時には、迷わず所持ポジションを多くして、思い切り儲けを追い求めます。「かなり難解な市場で、どう変化するのか思いつかないな」と思案した時は、諦めて持っているポジションを全部見切りをつけて何もせず静観します。それくらいの緩急をつけた方が最終的には注文は勝利します。為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。本当に言葉どおりだと思います。外国為替相場とは常時ポジションを所有する事が大切ではなくどれも持たずにじっと見ていることもまた相場です。では、どういう時に、休めばよいのだろうか。最初に考えられるのが、前述の通り、最近の為替相場が曖昧で分からない時です。ドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、間違って判断すると、自分で作った物語とは逆方向に外国為替市場が向ってしまい損失を被ることになる。だから、そのような状況ではポジションを諦め何もしないで様子をみるのがいいだろう。もうひとつの場面は、己の体の調子が思わしくない時です。体の具合と市場に関係がない感じる人もいるだろうが。実際には関係がある。体の具合が変な時は外国為替相場の判断しなければいけない状況で、必要不可欠な判断を下すことができなくなります。気分が乗らない時は、トレードから離れてみるのも必要な事です。