FX(外国為替証拠金取引)をやる面白いところは単品の商品であるのにお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の中からどの種類を選択するかにより、投資の手だてが異なってくるところにあると言われます。第一に外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」を詳しく見てみよう。長期投資とは一年以上の長期の投資が基本とされています。だいたい為替レートにおいては、一年も経った後の為替レートが円高と予測するか、円安なのかを予想するなんていうことは、普通は難問だと思います。現実的には「そんなにも先の未来のことは予測できない」と考えるのが当然かと思います。見当もつかないことを頭を使って予想しようと努力したところで、そんなことは意味のない行為です。ですから、他国の貨幣を買って、レートよりも円高に変わったとしてもその分はそのうち元に戻るだろうという気楽な思いでやり取りに取り組むのがベストです。為替の利益をがんばって求めるのではなく、他の方法での儲け、要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるのを一番のゴールにしてお金を預けてみましょう。当然ちょっとの間で為替変動の為のマイナスがたくさん膨らんでしまうこともあります。そんな訳でその損に耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しで売り買いすることは重要です。FXは為替差損がある範囲以上増大してしまうと、追加保証金を払わなければならなくなったりそれともストップロス(ロスカット)がかかったりします。ストップロスになったら、さっさと売買を打ち切りしなければならず長期の取引ができなくなります。この例のようなリスクを回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売買するのが安心かと思います。第二に中期スタンスのやり取りです。中期投資のケースでは、長くて1?2ヶ月くらい経った頃を予想しての売り買いを行うのです。為替トレードの時は、1ヶ月ほど先のことであればだいたい予知しやすいだと思います。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際的な閣議の議題や為替市場で売買している人たちがどういった問題に関心があるかを見れば、ある程度、想定できるでしょう。こうした経済情勢をチェックしながらなおチャートをチェックすることによって、為替のレートの状態を把握できるようになり、買いポジションか売りポジションかをジャッジする方がいいと思います。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジの両方で良い感じでありもしくはどちらも買い傾向が同様の時は、ほぼ思った通りに動くと思って良いでしょう。その時は持ち高を増やすことによってより大きな利益を獲得できるでしょう。3つ目に短期のトレードの重要点。ここでの短期のスタンスとは、つまりはデイトレーディングを言っています。為替で日計り取引を行う際経済の状態は決して絡まないと思います。なぜなら翌日の相場の動きに、経済情勢は反映されないからです。この時、一番のコツは目を引く事柄がありそれによって為替の相場が著しく動く一瞬を見落とさないようトレードしましょう。例を挙げると米国において雇用者の統計が提示される、それとも金融政策決定会合などにより制作金利が動くといったイベント。こうした一瞬の変動を見過ごしてはいけないとの意味合いから、短期トレードは技術的なものが求められる。