今日は為替の市場に関する基本事柄のお話をしたいと思います。為替というのは「直接的にキャッシュの送付をしない場合でも資金の受け渡しの目標を成し遂げること」を示します。よく為替の市場というものはたいてい外為を言い表すケースが多いのです。外為というものは国同士の金のやり取りを示します。外国へ旅行(シンガポール、韓国、タイ、アメリカ合衆国)などしたならば、間違いなく外国の為替の経験があります。近くの銀行に行って他の国の金銭に交換をしたのであれば、それこそが為替という事になります。為替のレートといえば買おうと思っている人と売りたいと思う人の値を示すものです。銀行同士の間でのやり取りの結果確定されるものです。その銀行がマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定されたたくさんの銀行なのです。為替の相場は周辺からの働きかけを受けて休まずにリアルタイムに変化して行きます。相場を変動させて行く要素というのは、ファンダメンタルズというものがあります。ファンダメンタルズとは経済の流れ、経済の土台やいろいろな要因のことを言うものです。国ごとのGDP成長率や景気状況、物価指数、通貨政策、貿易収支、失業率、重要人物の一言など複数の要素が影響して相場は変動するのです。経常収支や無就業者数は重大と考えられます。国際収支統計とは何かと言うと財務省からの指図で日本銀行が通関統計を叩き台として取りまとめた国外とのある時期の経済上のやり取りを記したものです。国際収支統計は中央省庁や中央銀行のHPなどで確認することができます。労働者の統計・失業率も肝心となる場合が多い原因であると言われます。とりわけ米国就職者の統計は注目されます。毎月公にされ、調査ねらいが幅の広いのが特性です。為替レートの変動は経済の変動なのです。国の経済の状況を検証することにより為替相場の動向予測が可能であると言うことです。