ここは為替市場に関してのベーシックな要素に関しての説明をしたいと思います。為替相場とは「自分がキャッシュの送金をしなくてもお金のやり取りの意図をクリアすること」を示します。普通為替とはあらかた国際為替を言及するという人が普通です。外国為替といえば貨幣の引き換えのことです。他国へ旅行(シンガポール、)をした経験があるならばきっと為替のやり取りの経験があります。近くの銀行に行って違う国の金銭へ両替すればそれは外国為替なのです。為替レートとは何かと言うと買い手と売る側の価格の相場を表したものです。銀行同士の間でのやり取りによって確定されるものです。そこはマーケットメイカーと言われている世界中で指定された複数の銀行です。為替相場は周りからの影響を受けながらも継続してみるみる変化します。為替相場を変動させて行く要素としてはファンダメンタルズが言われます。ファンダメンタルズの意味は経済のゆくえ、経済の基礎とか様々な要因のことを表します。その国における経済の拡大や物価指数、通貨政策、失業者数、重要人物の発言など複数の事柄によって為替の相場は変化するのです。特に国際収支統計と無就業者数は重要ポイントと思います。経常収支とは何か日本でいうと財務省の命令で日銀が輸出入統計を基にまとめた国外との任意の期間の経済上のやり取りを書き留めたものですです。この統計は中央省庁や日本銀行のHP等で見ることができます。就業者の統計・失業者数もチェックされる理由です。とりわけ米の雇用統計は重要となります。月に一度発表され、リサーチの範囲がワイドなことが特性です。為替相場の推移は景気の変化なのであります。各国の経済の変動を理解することにより為替のレートの変動の見極めが可能であると言うことです。